復縁の可能性が低いケースとは

| コメント(0) | トラックバック(0)
復縁の可能性が限りなく低いケースは暴力により別れたケースです。

どんな余裕であろうとも、暴力をふるってはいけません。

男性から女性はもちろんですが、最近ではその逆パターンも

増え出してきているようです。


相手が男性だからといって暴力はふるってはいけません。

愛情からは一番かけ離れた場所になるのが

暴力です。


あなたがどんなに反省したとこを真剣に告げても、

一旦相手の心に刻み込まれた傷は、けっして消えることは

ありません。



暴力をふるって別れた人は、諦めた方が良いと思います。

次に付き合った人には、決して暴力を振るわないように

心に誓いましょう。


次に復縁の可能性が薄いケースとしては、

結婚まで意識していたのに別れたパターンです。


これは暴力までとはいかなくても、かなり難しい復縁の

パターンになります。

というのも、相手はあなたとの結婚ができないと

判断した訳です。

その根拠が何かにもよりますが、

例えば音楽の道を志していて、生活に不安を覚えての

別れでしたら、正社員になることによって復縁の可能性は

出てくると思います。


そうではなくてもっと根底の部分、

例えば、癒されたいのに癒やし系ではないとか、

グイグイ引っ張ってくれるタイプがいいのに、

草食系だったりとか、根本的な人間的部分が許せなくての

別れは直すのが難しく、復縁の可能性は低いかもしれません。


もちろん、暴力ほどではないので、可能性っは0ではありません。

ポイントは、結婚を思いとどまった本当に理由が大事なのです。

これはほとんどの場合隠されているケースがほとんどです。


それはなたを傷つけたくないがためにそうなっているのですが、

そこがわからない限り、そこを解決しない限り復縁は無理でしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://flagteam-max.net/mtos/mt-tb.cgi/29

コメントする

このブログ記事について

このページは、復縁猫が2012年4月 5日 00:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「復縁相談回答」です。

次のブログ記事は「復縁相手に好きな人がいるパターン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja